肌タイプ別のニキビケア | にきびケアの方法

肌タイプ別のにきびケア | にきびケアの方法

肌タイプ別のにきびケア一覧

普通肌

にきびは、肌のタイプによってにきびケアの方法が違います。

「私はどんなタイプの肌でどんなケアをすれば良いのだろう?」と
悩んでいるという人もたくさんいると思います。

ここでは、普通肌の人のにきびケアの仕方についてお話していきたいと思います。

まず、どんなものが「普通肌」なのでしょうか。

普通肌とは皮脂の量が適度にあり、水分でみずみずしい肌のことを言います。
艶があるけれど、油っぽくなく、柔らかい肌ならば普通肌です。

そして、普通肌のにきびケアの方法は、「何事も程ほどにすること」が一番です。
にきびができてしまうと、洗顔をたくさんして治そうとしてしまいがちです。

ですが、洗顔をたくさんしてしまうと、肌が乾燥してしまい、
皮脂をたくさん出してしまいます。

そうすると、脂性肌になってしまい、もっとにきびが出来てしまう事になってしまいます。
なので、洗顔をたくさんするのではなく、一度で綺麗に洗うことが大切です。

そして、肌に水分を与えてあげる事も必要です。
その時は、保湿をメインとした化粧水を使うと良いでしょう。

保湿をメインとした化粧水を使う事で、肌を柔らかくし、
にきびを出来にくくしてくれます。

このときに使う化粧水は、にきび用などでなくても大丈夫です。
普通肌の人は、どんな化粧水を使っても、肌荒れを起こしにくいです。

普通肌の人は、乳液もきちんと適量を塗りましょう。
乳液の適量は、一滴にも満たないくらいで十分の量といえます。

その、少量の乳液を薄くフ肌にタをするように丁寧に塗ります。

そうすることで、肌の水分が蒸発する事を防いでくれて、
きちんと保湿ができるでしょう。

普通肌の人は、一般的なスキンケアをするだけで十分
にきびケアになってくれます。

脂性肌

あなたは、脂性肌の人のにきびケアの仕方を知っていますか?
肌は、肌のタイプによってにきびケアの方法が違います。

まず、脂性肌とはどんな肌のことを指すのでしょうか。
脂性肌というのは、皮脂が多く出る肌の事です。

水分が普通肌より多く、皮脂が多いので、テカってしまいます。
肌のキメが粗く、あまり良い状態とはいえない場合が多いです。

また、皮脂が多く酸化しやすいので、黒にキビが鼻に出来てしまう事も多いといえます。
しっとりとしているような肌ですが、皮脂が多い肌です。

この、脂性肌のにきびケアの方法なのですが、一番良いのは洗顔です。
この洗顔の仕方も脂性肌独特な物があります。

脂性肌は、皮脂が多いので、汚れが付きやすいというデメリットがあります。
なので、その汚れをきちんと落とすために濃密な泡で洗顔をします。

洗顔の仕方は、泡を肌になじませるようにする事が大切です。

泡を擦って汚れを落とすのではなく、なじませて落とすことで
肌に負担をかけずに綺麗に落とすことができます。

脂性肌のにきびケア用の化粧水は、保湿をメインにしたものでなくても大丈夫です。
にきびケアには保湿が大切とは言いましたが、脂性肌は元々瑞々しい肌です。

なので、サッパリした物でなければ、普通の化粧水を使ってよいといえます。
(普通~保湿くらいの物を使いましょう)

乳液は、脂性肌でもきちんと塗らなければいけません。

乳液を塗らずに化粧水だけだと、たとえ脂性肌でも乾燥してしまい
更に皮脂が出てしまってにきびが多くなってしまいます。

なので、ほんの少量の乳液を薄く肌に伸ばしていきましょう。
本当に軽く、肌にフタをするくらいで十分なので、量に気をつけましょう。

油性肌は、にきびが出来やすい肌ですが、悪い所だけではなく、
瑞々しいという長所を生かしてにきびケアをする事がオススメです。

乾燥肌

あなたは、乾燥肌のにきびケアというのを知っていますか?
乾燥肌の人は、乾燥肌に合うにきびケアをしなければいけません。

まず、乾燥肌というのがどんな肌なのかわかるでしょうか。
乾燥肌とは、皮脂量が普通肌よりも少ない肌の事を指します。

乾燥肌だと、肌を守ろうと皮脂を出そうとするので、にきびが出来やすいです。

また、肌の中の水分量も普通肌と比べて少なく、それも乾燥の原因になります。
水分量が少ないというのは、水分を与えてあげる事で解決します。

乾燥肌の人のにきびケアは、顔を洗いすぎてはいけません。
洗いすぎてしまうと、更に乾燥してしまい、にきびがふえてしまいます。

そして、普通の洗顔料も出来れば使わないほうが良いです。
普通の洗顔料だと、肌が乾燥しやすく、乾燥肌の人には良いと言えません。

乾燥肌の人がにきびケアの時に使う洗顔料は、保湿をメインにした物を使いましょう。
例えば、コラーゲン入りやヒアルロンサン入りなどです。

「皮脂があると、にきびが出来るんじゃないの?」と思う人もいると思います。

けれど、皮脂は水分を閉じ込めてくれる役割をしているので、
なくてはならないものになってきます。

けれど、乾燥肌の人はその大事な皮脂が足りません。
なので、乳液を塗り、油分を足してあげましょう。

乳液は、一滴くらいで顔と首まで塗れます。
それ以上は、油分が多すぎてにきびが出来てしまうので気をつけましょう。

にきびケアの化粧水は、高保湿な物を絶対に選びましょう。
高保湿なものでなければ、乾燥している肌に十分な水分を与えられません。

コットンパックも有効な方法です。
ヒタヒタに化粧水を浸したコットンを頬とおでこ、鼻におきましょう。

10分ほど置けば、きちんと水分を抱えた肌になれているでしょう。

敏感肌

あなたは、敏感肌のにきびケアというのを知っていますか?
敏感肌は、普通肌のにきびケアとケアの仕方が少し違います。

まず、敏感肌とはどんな肌なのか知っているでしょうか?
敏感肌とは、少しの刺激などで肌のトラブルを起こしやすい肌です。

敏感肌は、肌が乾燥していたり、水分が少なくなっていたりしていて
乾燥肌と合わさっている事が多いです。

普通の人ならば反応しないような刺激などに反応するので、
注意が必要な肌だといえます。

そんなデリケートな肌のにきびケアの方法は、
少し気を使わなければいけないので、大変です。

まず、敏感肌の人は、洗顔の後に顔を拭くときも注意が必要です。
よく水を吸い取る柔らかいタオルを使い水分をふき取りましょう。

ふき取る時も、決して擦らずにポンポンと優しく吸い取るようにします。
そうすることで、摩擦を防ぎ、肌を傷つけません。

この拭き方をすることが、敏感肌のにきびケアの一歩だと言えます。

また、低刺激の化粧水、乳液を使うことも大切です。

敏感肌はちょっとした刺激でトラブルを起こしてしまうので、
低刺激なものを選んだほうが良いでしょう。

ここで気をつけて欲しいのは、低刺激、無添加という条件でも
肌に合うものと合わないものがあるという事です。

たまに、「低刺激なものを使ったのににきびが増えた!」と怒る人がいますが
それは、その化粧品があなたの肌に合っていなかっただけです。

諦めずに、自分に合う低刺激の化粧品を探してみましょう。

そして、このようなスキンケアも大切ですが、
一番大切なことはクレンジングと泡洗顔なのです。

泡を乗せておくだけでも汚れは落ちているので、
洗い足りないと思ってもゴシゴシとこすらないようにしましょう。

混合肌

あなたは、混合肌のにきびケアの方法を知っているでしょうか?
混合肌のにきびケアはおてもややこしく、難しいのが特徴です。

まず、混合肌とは肌の中に、脂っぽい所と乾燥している所の
二つがある肌の事を言います。

人は誰でもTゾーンに皮脂が多く目の回りは皮脂が少ないのですが
それがとても極端に肌に現れてしまっている肌のことを混合肌とよんでいます。

つまり、肌の中に脂性肌と乾燥肌が共存している事になりますから、
とてもお手入れが難しい肌だといえます。

混合肌のにきびケアは、2つの化粧水と乳液を使って行うことが大切です。
2種類の物を上手く使い分ける事によって、早くにきびが治っていきます。

まず、混合肌の皮脂が多い所は、少しサッパリした使い心地の化粧水をつけ、
乳液もほんの少しを薄くのばすようにスキンケアをしましょう。

皮脂が多いところに保湿力の高い物を使うと、少し肌がべたついて、
更ににきびが多くなってしまう事があるので注意してください。

次に、混合肌の乾燥している所は、高保湿な化粧水をたっぷりとつけ、
乳液で薄い膜を作ってあげましょう、

乾燥している所は、保湿を十分なくらい行うことで
乾燥からできてしまうにきびを治し、ターンオーバーを正常にしてくれます。

また、前までは混合肌じゃなかった・・・なんていう人もいると思います。
その原因は、年中エアコンが付いている部屋にいるからという事が多いです。

エアコンがといていると、肌もストレスを感じてしまいます。
そのストレスが混合肌になってしまう原因になってしまっています。

また、紫外線の受けすぎでも、肌に負担がかかってしまっているので
それが原因でも、混合肌になってしまうでしょう。

なので、日焼け止めを塗ったり、日傘を差して歩いたりと
対策を練っていく事が必要ですね。